メニュー

医療機器・設備

MRI装置

image2MRIは強い磁石と特殊な電波の力により人体内部の構造を鮮明に見ることができる最新の医療用画像診断装置です。頭部領域の小さな疾患や整形外科領域、腹部領域などの全身各部位の診断に役立ちます。

80列マルチスライスCT

image1880列マルチスライスCTとは、スキャンして得られた画像を様々な視点から診ることが出来ます。必要に応じてより薄いスライスに再構成したり、輪切りだけでなくいろいろな方向から断面像に再構成したり、3D画像にする事が出来るので、診断能力が向上します。

経鼻内視鏡検査

>>詳しくはこちらをご覧ください。

image111経鼻内視鏡検査とは、胃カメラを勧められると『苦しそうだから嫌だな・・・。』と悩まれる方も多いかと思いますが、八角病院では鼻から入れる経鼻内視鏡で検査をすることが出来ます。

経鼻内視鏡検査の特徴

①鼻から入れるので、内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことがありません
②口から内視鏡を入れると、口がふさがって会話が出来ませんが、鼻から入れるので検査中に話をすることが出来ます
※鼻腔の狭い方や曲がっている方については、挿入が出来ない方もいます。大きなポリープ等を採取することはできません。

PACSシステム

image101PACSシステムとは、病院内にある全ての画像データを従来のレントゲン写真のようにフィルムで見るのではなく、パソコンの画面でみていくものです。

検査した後に、すぐに医師の元に画像データが送られてくるので、患者様をお待たせする時間が短くなります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME